混ざり合って融合して
上に向かっていければいい

YANA インタビュー


●『SALARY BAY』完成おめでとうございます。とてもすばらしい作品で、vezにとってひとつの到達点ではないのかと感じました。

そうですね。これがvezだっていうのは毎回思ってますけどね。でも今回は進化はしてるのかな。今までよりも良い意味で洗練された気がするんだけど。

●音もすごく一体感がありますよね。

うん。前よりレコーディングの仕方も工夫したし。前回の反省を踏まえて、一体感というかまとまりが出るようには工夫しましたね。「夜虹」と「目には目を その手に花束を」以外は当然新曲なので、それに関してはイメージの確認とか、どういうとこに落としたいかという確認を今まで以上にやってから挑んだからね。

●曲作りの段階で完成度を高めていったということですよね。

うん。それこそ最初の頃は手探りしながらやっていたし、前作『Intuitionistic logic』はvezの世界観を踏まえたうえではあるけど、レコーディングは出たとこ勝負みたいな感じでパッケージしたので、今回はより一層イメージをちゃんと強めて作れたところはあるので、良い意味で気持ちの部分のスッキリ感はあるかな。

●これ以上ないくらいにやりきったのではないかと思います。

だいたい完成したら「ああすればよかった」とか「こうすればよかった」ってのはあるもんだけど、そのへんがほとんどないんですよ。落とし込めてるから。ふつうだったらアルバムを作って、その音源をツアーで育てていくって場合もあるけど、今回は出来上がり方が違うというか。子供を作ったというよりか、成人じゃないけど、完成したものを作ったと思うから。

●先ほどおっしゃった再録の2曲は、vezを象徴するような2曲ですよね。

この2曲をアルバムに入れようっていうのはフトシ君の提案なんですよ。でもそのおかげでアルバムのラインの底上げになったっていうか。まったくの新曲を集めたんじゃなくて、ライブで花形になる曲を差し込むことで、全体の底上げにはなってるのかなって。

●本当にそこにまで持っていけてますよね。その2曲が際立っているわけでもなく。

そうですね。そう思います。またこの2曲が曲順としてさりげない位置にあるのも良くて。最初とか最後じゃなくて、アルバムにバランスよく差し込まれてて、なにかが浮いてるということがなく、全体的にキープし合って聴かせられてるのかなと思う。

●その中でYANAさんのドラムが軸というか、芯になっていると思うんですよね。

そうですか。いろいろインチキしてるんですけどね(笑)。でもドラムに関してはエンジニアといろいろ試したというか。過去にも一緒にやってきたんだけど、今回は持っていきたいラインがあったから、そこを相談したりしながら詰めていった部分というのはあるので。

●YANAさんのドラムはタイトでクールな印象がありますが、今回は音が乾いている気がするんですよね。

ああ、そうですね。まあ、リバーブの具合もあるんですけど。なんかしっとりとした感じよりは、パァっと抜ける感じの。天に抜けるようなイメージのリバーブ感を最後に施してるんで。

●今までだとウェットな印象を受けていて。それが今回はあまりない気がします。

イメージ的にはたしかにそうですね。ドライというか、乾いてるというか。地下な感じというよりは、もっと開放的に抜けたイメージで叩いてますね。

●それはわりと狙ってたということですよね。アルバムの楽曲たちはvezの“陽”な部分が強く出ていると思うので、そういう理由もあるのかなと。

そうかもしれないですね。でもそれは誰かひとりだけが持ってるんじゃなくて、みんなの気持ちの向き方だと思いますよ。みんなのベクトルがそっちに向かったというか。でもそれも自然現象だと思うし、相乗効果だと思います。

●意図したというより、結果的にそうなったということですね。

そのへんは自然じゃないですかね。着地点としてこういう方向がいいという部分が合致してたから、自然とそこに向かえたのかなと。どうしたいかって話したりはしてないので。

●曲の幅はとてもありますが、それをYANAさんのドラムが作品全体に筋を通してくれてます。

意識してないですけどね。ただ、よけいなことは考えないでやりましたけど。曲にたいして比較的シンプルに。なにかこざかしいこととか、ひねくれたこととか、そういうものはなく普通に。自然と口ずさんだパターンをただ自然に乗っけた感じかな。それは良くも悪くも。

●たしかにシンプルですよね。でもだからこそ締まるというか。あとライブ感というか、真に迫ってくる音になってますよね。

今回はまったくの新曲なのにプリプロの段階から形がほぼ決まってたから。だから、ライブを意識しては取り組んでたかもしれませんね。お客さんに向けてのアプローチというのは持っていたかもしれません。そういう気持ちはけっこう今までとは違うかな。そこはだいぶ変わったところかなと思います。

●そうした気持ちの変化なんかもこのアルバムに良い影響をもたらしてますよね。

うん。今回に関してはこうしたいって気持ちにみんながなってたのかもしれませんね。それも自然にってことですけど。ぶっちゃけほら、ラジオでかかるとか、音楽番組でMVが流れるとか、そういう意識はどんどん薄くなってて。要は、曲が浮かばれるのはライブだけだから。

●たしかにそうですね。

だから叩いていて思い描く情景というのは当然ライブなわけで。ライブで曲を活かすために、そういうリアルな意識を持って、ダイレクトにオーディエンスに向けてという意識で作ってるというか。そういう意味ではCDを作るって意識もないし。

●音源とかライブとか、特に区別はしていないわけですね。

音を録ることに対して、CDを作るって意志で向かってないし。やっぱりライブで活かすって気持ちで録っているから、感じてもらった印象のような形に必然的になっていったかなとは思いますよ。

●アルバム制作は長いスパンではありますが、別にスタジオに篭っていたわけではなく、ライブも活発に行なっていましたよね。

バンドとしてとても全うな流れだと思いますけどね。たとえば地下に潜るじゃないけど、一切ライブをせずに曲作りしてレコーディングしてって、そういう場合もあるだろうけど、今のvezはライブもしながらアルバムを作るというスタンスなので。ライブをしながら常に先に向かって、どうしていきたいとか、どうやっていくべきとか、気持ち的なところがそのまま録音されたんじゃないかなと思います。

●「こうしよう!」という意志ではなくて、自然にメンバー全員がvezという音楽に向かっているというか。それがとても顕著に出た作品だと思います。

うんうん。それはすごい良いことだと思います。なんかアンサンブルって、全部がうまくかみ合ってこそアンサンブルだから。誰かが際立って、誰かがオマケとかじゃなく。なにかが派手で、なにかが地味だとかじゃなく。全部がうまくかみ合って、ひとつの形として、どれもが凛としてそこにあるっていうのが良いと思うので。

●それぞれが確固たるものを持ち寄っていますが、とても高い場所でひとつの音楽として表現されていますよね。

ドラムに関して言うと、キックはキックでベースとの絡みがあるし、スネアとギターの絡みだと、カッティングとかストロークとうまくかみ合わせていくとか。それはレンジ・ギターも含めてね。あとやっぱり歌の呼吸感とハイハットとライドの感じとか。だからそこはお互いにうまく寄り添いながらっていうのはとても大事ですよね。それで印象づくというか。そもそもロックに限らずどんな音楽でもそれが大事だと思うので。それが今回できてるんだよね。それはとても簡単そうで、とてもハードルが高いことなので。そこに達せられてるとしたら、すごくすばらしいことかな。

●またその曲たちがライブでどうなっていくのかも楽しみですよね。

そうですね。どの曲も粒ぞろいだけど、それぞれの曲がどういうふうに一人歩きしていくかはわからないですけど。それは受け手に委ねられるので。今回録音した世界観やクオリティは大事に再現していきたいですけどね。

●ぶっちゃけすごく期待してます。

まあ期待していただけたらなによりで。期待されてないよりはね。「そのうち良くなるかな」と思われるよりは、ハードルはあげてもらったほうが気合も入るので(笑)。でも、結果的にアルバムがすごい良い形のものができたから、そこに達したのは実際ビックリですよ。なんか、単純に前作の延長線じゃないようなね。

●そうですよね。いきなり進化したというわけではないんでしょうけど、すごく突き抜けてるなと。

ね。そういうものを作れたのはバンドとしてはとても重要なことですね。

●だからこそツアーも楽しみですよね。

そうですね。ただ今回ってまずリリース記念ライブ(8月21日の渋谷CLUB ASIA)があって、そこから一ヶ月くらい空けてからツアーが始まるので。それは個人的にも初めてなので。とにかくもう楽しむことを前提に、「ここまできたか」って景色のところまで自然と持ってこれたらいいなとは思いますよね。無理はせずにね。自然体でこういうアルバムができたから、ライブも自然体で楽しんでやっていけば、ツアーはツアーでまた上のところまで登れそうな気がするので。そこを見失わないでできたらいちばん良いかなって思います。

●特にリリース・ライブのときはこのアルバムの曲を初披露となりますからね。

それはわからないですよ(笑)。やらないかもしれない(笑)。だって曲すごい増えちゃってますからね。

●たしかに(笑)。現メンバーになって3年以上経ちましたが、なかなかの曲数ですよね。

アルバムからだと、まだみんなが聴いてない曲は7曲あるのか。

●しかしドラマーとしては、リズム・キープが大変そうな曲が多いですよね(笑)。

大変ですよ本当に(笑)。それに関しては自分に鞭打ってやるしかないですけど(笑)。でも必ずしもキッチリやればいいわけではないので。だからうまく泳げればいいなぁって思います。

●なるほど。ステージの上でということですよね。

そうそう。ライブはライブなので。ただアルバムをそのままやるのが正しいわけじゃないから。

●そうですよね。そういう違いを楽しめるのもライブの醍醐味ですし。そこでまた曲が成長していくだろうし。

でもね、成長しなくていい曲もあるんですよ。だからいつまで経っても初期のままで、だけど色褪せないって曲もあるし。それも大事だから。だからどれもこれも成長させるというふうに括りたくはないですね。変化していく曲は変化していくし、ぜんぜん変わらないまま、色褪せない曲もあるだろうし。それは曲によってだと思うんですけどね。それがどの曲かはわかんないですけど。そういうのも含めて、うまく自然に活かしていきたいなと思いますよ。

●曲それぞれの魅力がありますからね。では聴いてくれる皆様に一言あれば。

そうですね。ハマってもらえれば。リピートしてもらえるのがなによりなんで。病みつきになったり、中毒になって、リピートしてもらいたいです。

●繰り返しアルバムを聴いて、ライブにも何度も来てほしいと。

もちろん。でも、ご飯屋さんでいうと、味が落ちたら当然客は離れるわけで。リピーターを掴むためにも、維持するためにも、それはもうみんなで生かしていかないといけないものだから。演者だけのものではなく、お客さんのものでもあるから。そこも含めて混ざり合って融合して上に向かっていければいいかなと思います。

●YANAさんはライブにたいして強いこだわりをお持ちですよね。

もちろん同じ曲でも、音源としての良さと、ライブとしての良さがあって。それぞれ違うけど、曲そのものの世界観とか音は、体感として共通してないとダメだと思うので。そこはやっぱり音源だからとかライブだとかって変えるわけにはいかないから、ライブをやっていく以上はちゃんと表現しなくちゃというのはあります。そこはひとつの線でつながってないとダメだと思うから。その思いを持って、素直にやっていければと思います。そしてそれを与え合って、受け止め合えればいいかな。